"

 青森県八戸市の県立高校2年の女子生徒(17)が死亡し、いじめを苦にした自殺だったとして両親が調査を求めている問題で県教育委員会は23日、女子生徒が1年生のときに同級生数人と無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりし、トラブルがあったことを明らかにした。死亡との因果関係は不明としている。

 女子生徒の父親は23日、共同通信の取材に応じ「昨年夏ごろから学校で疎外感を感じていると訴えていた」と話した。体調を崩しがちになり、母親が担任に相談したという。家に残されたメモには、学校で聞こえるように陰口を言われたり、授業で発表した内容をLINEでけなされたりしたなどと記されていた。

 父親は「いじめをにおわせる出来事があったのに学校は甘く考えていなかったか」と怒りをにじませた。学校によると、女子生徒は同級生数人のグループでLINEなどのやりとりをしていたが、何らかの原因でグループを離れたという。

"
"

 【ロサンゼルス=中村将】米南西部アリゾナ州で23日、死刑執行の薬物注射に失敗し、死刑囚が苦しみながら死亡する事故があった。4月にも南部オクラホマ州で同様の事故があり、死刑をめぐる議論が再燃する可能性がある。

 ロサンゼルス・タイムズによると、死亡したのは、1989年に元交際相手の女性とその父親を射殺したジョセフ・ルドルフウッド死刑囚(55)。23日午前1時50分ごろ、麻酔薬物を注射されたが、間もなく意識が戻り、2時間以上苦しみ続けて死亡した。死刑囚の弁護士が途中で執行の中断を求めたが、聞き入れられなかったという。当局は事故原因を調べる。

 オクラホマ州の事故の際には死刑廃止派から「拷問を与えた」との批判があがり、死刑議論に火がついた。

"
"

 少女らに売春させたなどとして、兵庫県警は7月23日、売春防止法違反容疑などで、神戸市兵庫区西上橘通の飲食店経営者(39)と住所不定の無職男(35)の両被告=いずれも覚せい剤取締法違反罪で起訴=と19~16歳の少女2人を逮捕、送検したと発表した。

 4人はアルバイト名目で集めた少女を睡眠薬や覚醒剤で意識もうろうの状態にさせて売春させていたとみられ、容疑者は「少女を薬漬けにして売春させた」などと容疑を認めているという。

 兵庫県警によると、4人は出会い系サイトで「携帯電話を装飾する簡単な仕事がある」と嘘の書き込みで少女らを募集。神戸市中央区のホテルの部屋に呼び出したうえで、少女らに睡眠薬を入れた酒を飲ませたり、覚醒剤を勧めて吸引させるなどして、判断力を鈍らせていた。

 被害に遭った少女は約20人に上るとみられ、4人は少なくとも約1600万円を売り上げたという。

 4人の逮捕、送検容疑は1~4月、15~20歳の少女ら3人に対し、神戸市内のホテルで、男性客を相手に無報酬で売春させたなどとしている。

"
"

先日、中国報道により、上海市の食品企業「上海福喜食品有限公司」が消費期限切れの肉製品を再加工して、大手ファストフードチェーンに供給していたことが判明した。

その一部が日本でも提供されていた可能性が指摘されている。実際に同社の製品を使用していた日本マクドナルドは、次のように発表し、今後の対応と謝罪を伝えている。

・日本マクドナルドの発表

『7月20日夜、中国の一部メディアにおいて、マクドナルドのサプライヤーの一つである「上海福喜食品有限公司」が使用期限切れの鶏肉を混入させた「チキンマックナゲット」を製造していたとの報道がございました。

日本マクドナルドは、「上海福喜食品有限公司」から、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を輸入しておりましたが、報道を把握した21日をもちまして該当の 「チキンマックナゲット」の販売を中止いたしました。現在は、「チキンマックナゲット」は他のサプライヤーの製品に切り替えて販売しております。お客様には、ご不便、ご心配をおかけし、大変申し訳ございません』(日本マクドナルドの発表より引用)

・すでに発注中止

7月22日現在の段階で、店舗で提供されているチキンマックナゲットは、上海福喜の提供製品ではないようである。なお、日本マクドナルドは上海福喜への発注を中止し、事実確認を行っているとのことだ。

・100円ナゲットのときには大行列

ちなみにチキンマックナゲットはマクドナルドの人気商品である。年に数回あるナゲット100円のキャンペーンは、店舗によって大行列になるほどだ。ナゲットと一緒にお水を頼んで、存分にナゲットを堪能するという人もいるくらいである。できるだけ速やかに実態が解明されると良いのだが……。

"
"

 長崎県・五島列島には、本土と直接の交通の便で結ばれていない「二次離島」と呼ばれる島が多い。船や航空機で本土と結ばれている福江島(五島市)など以上に過疎化が進み、無人化も懸念されている。五島市の久保実市長公室長(53)は、外国の船や人がそうした島々に入ってくることを心配する。

 久保公室長が実際にその危険性を感じたのは平成元年のことだった。福江島北部の港に木造船に乗った外国人が大挙して押し寄せてきた。最初はベトナム難民だと思ったが、調べてみると、中国からの密航者だったという。

 「船1隻に100人ぐらいがすし詰めの状態。あの年だけで3回やってきて2回は上陸した。夜通しで監視したり、消毒したりと、大変な騒ぎになった。二次離島や無人島なら、対応できなかったのではないか」

 五島市の島々の人口は昨年3月現在で、福江島3万6949人▽久賀島379人▽椛(かば)島154人▽黄島50人▽赤島19人▽蕨小島11人▽黒島3人▽島山島25人▽嵯峨島187人▽奈留島2642人▽前島33人-となっている。久賀島の場合だとピーク時には約4千人いたという。

 黒島は今、昨年3月時点より1人減って、94歳の女性とその娘の2人が住むだけだ。最近、島を訪れた地元紙「五島新報」(廃刊)元社長の永冶克行さん(65)によると、福江島との船便は週1往復だけ。「2人とも、病院に行きたくても通院できない状態だ」

 椛島では、唯一の商店だった雑貨店が最近閉店となった。島民は知り合いに頼んで、生活必需品などを船便で送ってもらっているという。

                   ◇

 五島市では、二次離島の無人化を防ぐために、さまざまな方策を打ち出している。その一つが再生可能エネルギーを用いた島の活性化だ。

 椛島の沖合には、すでに浮体式の洋上風力発電施設1基を設けた。現在、実証段階だが、1800世帯の消費電力をまかなえる能力があるという。将来的には他の島も含め計100基を設置する計画だ。

 さらに、田浦瀬戸や奈留瀬戸といった狭い海峡では、潮流発電の施設をつくる計画が進んでいる。五島市議会の荒尾正登議長(52)は「風力発電は風が吹かなくなるとお手上げだが、潮流発電は1日2回の潮の満ち引きがあるから計算できる。ここの瀬戸は狭くて潮の流れが速いから最適」と自信を見せる。

 久保公室長もその効果に期待を寄せている。「電気を売るだけでなく、研究者など人の交流も盛んになる。雇用にもつながる」

                   ◇

 二次離島への自衛隊配備を訴えるのは、五島市防衛協会会長で福江商工会議所の前会頭、才津為夫さん(87)だ。「抑止力を高める自衛隊の基地を離島に配置すべきだ。離島で訓練すれば十分な抑止力になる。そこに家族が来てくれれば、人口が増えて経済効果もある。一石二鳥だ」

 五島市の中尾郁子前市長(79)は、離島の国境監視機能という安全保障の面から、国の支援の必要性を訴える。「自衛隊を増やすのも一つの方法だし、漁師を見張り役に任命して、釣りをしながら監視させることも一つの方法。海の好きな若者に防人の役割を職業としてやらせるのもいい。今までの日本のシステムで考えないで、現場の事情に沿った新しい策を作っていただきたい」

 福江青年会議所の前理事長、土岐達也さん(35)は「国境離島は人が住み続けることが大切」と警鐘を鳴らす。そして「構造的に問題を改善するのは税制だと思う。法人税をなくすとか。そこまで踏み込んでいかないと、根本的な領土・領海の防衛や離島の人口減少問題は解決しない」と訴えた。 (編集委員 宮本雅史)

"
"

ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜された事件で、合わせて40人の遺体が23日、東部のハリコフからオランダのアイントホーフェンに運ばれましたが、ハリコフでは引き続き、これまでに収容された遺体の状況を確認する作業が続いています。

ウクライナ政府は、これまでに墜落現場周辺を数キロ四方にわたって捜索し、282人の遺体と損傷が激しい遺体の一部を収容したと発表しました。
しかし、現地入りした各国の専門家チームは、22日夜までの段階でおよそ200人の遺体しか確認できていないとしており、ハリコフでは収容された遺体の状況や数を特定する作業が続いています。遺体の多くは損傷が激しく、専門家が時間をかけて検視しなければ正確な遺体の数は把握できないということです。
また、墜落現場があるウクライナ東部のドネツク州の大半は、親ロシア派の武装集団が掌握する地域で、戦闘が続くなか遺体の捜索活動を続けるのは困難な状況となっています。
各国の専門家チームは今週中はハリコフで作業を続け、その後は、移送先のオランダでさらに詳しい検視を行う方針を示していますが、すべての遺体が家族のもとに帰るまでは、数か月かかる見通しだということです。

"
"

中国から麻薬を密輸したとして石川県の男ら2人が逮捕され、関係先から麻薬や植物片、乾燥機などが見つかったことから、東海北陸厚生局は脱法ドラッグと呼ばれていた危険ドラッグを密造していたとみて調べています。
調べに対して2人は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、石川県七尾市の岡田実容疑者(43)と、東京・稲城市の趙顯夫容疑者(48)です。
東海北陸厚生局麻薬取締部の調べによりますと、2人は先月、粉末状の麻薬およそ500グラムを、中国から七尾市の岡田容疑者が借りていた部屋に郵送させ密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いが持たれています。
またこれとは別に、岡田容疑者が借りていた七尾市内の倉庫を調べたところ、麻薬や植物片のほか、乾燥機やはかりなどが見つかったということです。
東海北陸厚生局は、2人がこの倉庫で植物片などを混ぜ合わせ危険ドラッグを密造していたとみています。
押収した資料などから、危険ドラッグは東京や兵庫の仲介業者に販売されていたとみられ、毎月百数十万円売り上げていたということです。
調べに対して2人はいずれも容疑を否認しているということです。

"
"

23日、愛知県小牧市でおよそ400メートルにわたって車に引きずられたとみられる人が死亡しているのが見つかった事件で、警察は、現場付近を走っていたトラックの運転手を24日朝、ひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、愛知県瀬戸市のトラック運転手、川本利光容疑者(65)です。
この事件は23日午前10時すぎ、小牧市の県道で、およそ400メートルにわたって車に引きずられたとみられる人が死亡しているのが見つかったものです。
警察が防犯カメラに映っていたナンバーなどを分析した結果、当時、現場付近を川本容疑者のトラックが走っていたことが分かったということです。
警察によりますと、調べに対して川本容疑者は、「事故を起こして現場からいなくなりました」と供述し、容疑を認めているということです。
現場では、死亡した人が乗っていたとみられる自転車が壊れた状態で見つかっていて、自転車の持ち主は近くに住む83歳の女性だということです。
警察は、死亡したのはこの女性とみて身元の確認を進めるとともに、当時の詳しいいきさつを調べています。

"
"

 仕事の紹介を装い、勧誘した少女らに売春をさせたとして、兵庫県警生活環境課などは23日までに、売春防止法違反(管理売春)と児童福祉法違反(淫行させる行為)などの疑いで、神戸市兵庫区西上橘通の飲食店経営、夏田満容疑者(39)=覚せい剤取締法違反罪で起訴=と住所不定、無職、半渡(はんど)一成容疑者(35)=同=を逮捕、送検した。

 逮捕・送検容疑は1~4月、知り合いの少女ら2人と共謀し、神戸市や尼崎市などの当時15~20歳の女性3人にホテルで売春させるなどした疑い。半渡容疑者は容疑を認め、夏田容疑者は否認しているという。少女ら2人は既に執行猶予判決を受けるなどしている。

 同課によると、夏田容疑者らは携帯電話の出会い系サイトで「携帯の装飾の仕事がある」などと偽り、女性らを勧誘。男性客を募って神戸市内のホテルなどに派遣していたという。ほかにも複数の少女らを働かせていたといい、約1600万円の売り上げがあったとみられる。

 半渡容疑者は「勧誘した女性を脅して働かせていた」と供述しているといい、同課は女性らをビジネスホテルなどに住まわせ、無報酬で働かせていたとみている。

 夏田、半渡両容疑者らは4~5月、覚せい剤を使用するなどした疑いで逮捕された。

"
"

 愛知県小牧市で起きた死亡ひき逃げ事件で、愛知県警は24日、自転車ごと被害者をはねて逃走したとして、自動車運転処罰法(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同県瀬戸市、トラック運転手川本利光容疑者(65)を逮捕した。

 県警によると「事故を起こして、いなくなったことを認めます」と容疑を認めている。現場の状況から、被害者をはねた後、約380メートル引きずったとみて県警が事情を聴いていた。

 逮捕容疑は23日午前10時10分ごろ、小牧市の県道を走行中、横断中の被害者をはねたのに、通報や救助をせずに逃走した疑い。

"
© 2010–2014 Bibliothek von Blau.
Tumblrによって提供されています. Steamblr theme by oxguy3.
図書館という名の物置
検索
|